茨城在住のギタリスト谷島崇徳です。くだらないローカルネタが中心かも。たまに音楽やギターについてマジメなことも書くかも。気が向いたらチラッとのぞいてね。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デュオ「chotto」コンサート 

10月25日(日)

開場:14:30 
開演:15:00 

前売り:2500円 
当日:3000円

会場 アコラ

 
デュオ「chotto」

Fl 中田由紀乃  
東京学芸大学教育学部芸術課程音楽科卒、
フルートを宇野浩二、金昌国、中野富雄、三村園子の各氏に師事。
横浜市民広間演奏会、国際芸術連盟新人推薦コンサート、神奈川県立音楽堂推薦音楽会、戸塚クラシックコンサート、茨城県新人演奏会等に出演。

Gt 谷島崇徳 
MIjapan GITマスターコース修了
高崎芸術短期大学音楽科作曲専攻卒業
同大学専攻科及び研究科ギター専攻修了
作曲を松本玲子、クラシックギターを伊藤博志各氏に師事

 
◇プログラム

一部 ソロ  
フルート   
・タンゴエチュード第3番 (ピアソラ)
・ソナタイ短調 (C.P.E.バッハ)

ギター  
・6つのアイルランド民謡から (ジュリアーニ)
・澄み切った空  (シネーシ)

二部 デュオ  
・2つのカンドンベ(プホール) 
・タンゴの歴史~Night Club(ピアソラ) 
・中世風組曲(ドゥミヤ)
  1.Sicilienne
  2.Sonnerie
  3.Apres une page de Ronsard
  4.Ronde 
・タンブーラン(ゴセック)  
・グランドソナタ(ジュリアーニ) 
  1楽章
  4楽章

また、一部の最後にアコラの熊坂さんとギターデュオで「一夢人」を演奏する予定です。

是非いらしてください!

問い合わせはこちらまで

felice音楽教室
050-3130-3528
felicemusic@aol.jp
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【2015/08/02 17:16】 | 宣伝させて下さい
トラックバック(0) |
銘器コンサート

6月13日(土)

14:00~14:30
16:00~16:30

ギター文化館

今回はお気に入りの小品や練習曲など、普段コンサートではあまり聴けないような曲が中心になっております。
シンプルな曲たちで 銘器の響きをご堪能頂けたらと思ってます!


予定プログラム

14:00~

ラグリマ  (タレガ)
アデリータ  

コストの練習曲 

カルカッシの練習曲

ソルの練習曲

11月のある日  (ブローウェル)

佐藤弘和
3つのベイビーズソング ~
Yumi
Homa

Julia Florida  (バリオス)


16:00~

ラグリマ  (タレガ)
アデリータ   

コストの練習曲  

カルカッシの練習曲

ソルの練習曲

cancion sin parabras   (クラムスコイ)

佐藤弘和
3つのベイビーズソング ~
Sora
Homa

Julia Florida  (バリオス)

使用楽器
マヌエル・ラミレス


サントス・エルナンデス

【2015/05/29 17:19】 | 宣伝させて下さい
トラックバック(0) |
7月19日(日)・20日(祝)

第二回アレクサンダーテクニークのワークショップを開催します!


時間 13:30~16:30
参加費 7000円
募集人数 各回7名様
講師 石井ゆり子 先生のWEBサイト
会場 felice音楽教室

※楽器をやっている方は、是非ご自身の楽器を持参されると良いと思います。
ピアノは教室にございます。


前回は沢山の方のご参加、ありがとうございました!
今回はより一人一人の時間を取れるように、時間はそのままで一回の参加人数を少なくしました。
また、19日、20日とやりますので、都合のよい方の日にご参加ください。


前回いらした方も、初めての方も、どうぞ気軽にご参加ください!


アレクサンダーテクニークとは?

オーストラリアの俳優であったF・M・アレクサンダーによって考えられ、演劇の世界を中心に音楽やスポーツなど様々な分野に広がっていったメソッドです。
その内容は自分の心身を調整するテクニックを 学ぶメソッドで、自分の可能性を大きく広げる手助けになることでしょう。

演奏する時やたら力んじゃう、なんか痛い、めっちゃ緊張してうまく弾けないなどでお悩みの方、
もっと楽に演奏したい、自由に表現したいといった方、
オススメです!

音楽の分野でも、
ポール・マッカートニーやスティング、ヴァイオリニストのユーディ・メニューイン、指揮者のコリン・デイヴィスなど、取り入れている音楽家が多いです。
ギターですと、ロバート・フリップやクラシックのデヴィッド・ラッセルなんかが有名でしょうか。

ジュリアードやギルドホール、バークリーなど、海外の名門音大でも取り入れられているアレクサンダーテクニークですが、地方ですとなかなかレッスンを受けるチャンスがないと思います。
是非、この機会に体験してください!

講師プロフィール

石井 ゆりこ(いしい・ゆりこ)
アレクサンダー・テクニークlittlesounds代表。
東京生まれ。東洋大学文学部教育学科卒。
3歳の頃から音楽が好きで、ミュージシャンになりたかった。
ピアノ、フレンチホルン、バンジョー、ギターなどを学ぶ。

1988年よりアレクサンダー・テクニックを学び始める。
95年より京都アレクサンダー・テクニック教師養成スクール(KAPPA)に入学。4年間1600時間のトレーニングを経て99年に卒業。
ATI(Alexander Technique International) 公認。
その後米国Alexander Technique Center of Cambridge他で継続的に学ぶ。
ミード・アンドリューズ、ブルース・ファートマン、イムレ・トールマン、 トミー・トンプソン、 ルシア・ウォーカー、ローザ・ルイザ・ロッシ、アン・ワックスマン他にアレクサンダー・テクニークを師事。
ジェラルド・ ハーシャー(アンドーヴァー・エデュケーター)には、ギタリストのためのボディ・マッピングを習う。

1999年より東京で教え始める(東京(首都圏)で唯一の教師だった時期が長かった)。
音楽家、ダンサー、俳優、アスリート、あるいはカウンセラー、セラピスト、看護師、理学療法士、整体師、また会社員、学生、主婦など、現在まで1500人程の方に教える。
生徒さんと言葉と言葉以外のダイアログで、じっくり気づきと変化に寄り添っていくのが持ち味。
また、オーケストラ、ブラスバンド、対人援助職、看護師、介護職従事者のグループ などで教えたり、アレクサンダー・アソシエイツ等アレクサンダー・テクニーク の教師養成のクラスでも教えてきた。

2008年より洗足学園音楽大学大学院(器楽専攻科、声楽専攻科)講師。
2010年、島村楽器にて、10年以上の音楽教師向けの講座
2008年、PARC自由学校にて講座を受け持つ。
2009年よりTEENSPOST(町田市、子ども・若者・女性の心のケア・サポートをするNGO)にて、月1ワークショップ。
88年より野口整体、99年よりプロセス指向心理学も継続して学んできた。 自然としての人間を、心身をひとつのものとして扱うソマティック(somatic)なワークに興味をもちつづけている。
また、ひとの多様性と、自分のこころとからだを自分のものとして取り戻すというテーマに興味がある。
ギター弾き語りが趣味。
水泳、自転車散歩、ハイキング、スタンドアップパドルサーフィンも好き。

著書
『無駄な力がぬけてラクになる介護術』(誠文堂新光社)
『演奏者のための はじめてのアレクサンダー・テクニーク ~からだを使うのが楽になる~』(ヤマハミュージックメディア)


お問い合わせ、お申し込みはこちら

felice音楽教室
水戸市見川3-595-5
グーグルマップ
http://goo.gl/maps/3B8PR
050-3130-3528
felicemusic@aol.jp

FC2blog テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2015/05/12 13:49】 | 宣伝させて下さい
トラックバック(0) |
銘器コンサート

6月13日(土)

14:00~14:30
16:00~16:30

ギター文化館


ギター文化館所蔵の歴史的なギターを使用したミニコンサートです。

お気に入りの小品や練習曲なんかを中心に演奏しようと思ってます!

FC2blog テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【2015/05/07 09:11】 | 宣伝させて下さい
トラックバック(0) |
街角コンサート
今週の木曜日です
お時間ある方はいらしてくださいね!

06 - 1


さて、今回のプログラムに入れました「中世風小組曲」
こちらの曲はフルートとギターのレパートリーの中では比較的メジャーなのですが、
作曲家についてはちょっと情報が少ないと思います。

というわけで調べてみました。

Francis-Paul Demillac (Enyss Djemil)
(1917年-1973年)
(1884年-1951年)となっているものも発見しましたが間違いかな?

ていうかEnyss Djemilって?
ペンネームみたいなの?
Francis-Paul Demillacが本名らしい。

とりあえず、フランスの作曲家で、パリの王立音楽院で学んだ人なのは確かです。
オーケストラでヴァイオリンを弾いたり、
後半生は主に教える方がメインだったようで、
Baghdad Fine Arts Academy やパリ王立音楽院なんかで先生してたみたいですね。

どうやら「caprice, complaintet ronde」ギターの独奏曲も1曲書いているようです。
気になりますねぇ。

今回の「中世風小組曲」はその名の通り、旋法を使った中世風の曲にフランスのモダンな風味が加わった新古典っぽい作品になっております。

よろしくお願いします!


FC2blog テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【2015/03/24 12:39】 | 宣伝させて下さい
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。