茨城在住のギタリスト谷島崇徳です。くだらないローカルネタが中心かも。たまに音楽やギターについてマジメなことも書くかも。気が向いたらチラッとのぞいてね。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日、中村先生のコンサートを聴きに、ギター文化館へ行ってきました。

先日デュオでの演奏を聴きましたが、ソロでの演奏を聴くのは今回が初めてです

タレガも2曲演奏されましたが、ほぼオールアルベニスと言っていいと思います。
アルベニスの曲はよくギターで演奏されているので、
ほとんどギターのオリジナル曲のような扱いをされている感もありますが、
やはり編曲物には変わりないので、オール編曲物ということになりますね
編曲物だけでプログラムを組むのは大変なことです

演奏の方は、透明感と暖かみのある音色がとても心地よく、
また、ベテラン先生らしい、大変完成度が高い音楽でした。
ちなみに、カディスの編曲をバルエコ編を元にされていたのが、ちょっと意外といいますか、印象的でした

今回、先生が編曲された楽譜を先着何名かに配っておりまして、
もちろん私もしっかりと頂いてきましたありがとうございます!
先生自らパソコンで製作された楽譜でして、運指番号までちゃんと入っていたのには頭が下がります。
私も長年浄書ソフトは使っておりますが、
キレイに作ろうと思うとレイアウトやらなんやらとけっこう時間かかるんですよね。
でも、面倒くさいばかり言ってないで、ちゃんとやらなきゃなと思いました
てなわけで、昔作った曲の楽譜でもアップしようかな・・
スポンサーサイト

【2009/12/14 04:41】 | ギターの話
トラックバック(0) |
先日、茨城在住のギタリスト、大島直さんのコンサートに行ってきました

水戸市内にある邂逅舎というお店で、一時間ほどのプログラムを演奏されました。
この邂逅舎は、薪ストーブや木の家を扱っている会社でして、
演奏会場になった部屋にもしっかりと薪ストーブがありました。
私、この日が薪ストーブ初体験でしたが(実家にあるのに)、いやぁ良いものですね!
普通の暖房と違って静かなので、ギターの演奏会にもぴったりだと思います。
こんなに暖かいギターのコンサートは初めてだったかも

今回のコンサートは、普段大島さんが使用されているギターではなく、
ギター製作家の、高橋達男さん作ギターを使用するという企画でした。

曲は、タレガ、バリオスの小品を数曲と、アルベニスの「朱色の塔」を弾かれました。
大島さんの演奏は、とても丁寧にかっちりとまとめつつも、熱い魂を感じさせる演奏です。
演奏後の懇親会でも、愛好家の方からの熱心な質問に丁寧に答えてらっしゃいました。
見習わないといけないな~と、深く反省いたしました

【2009/12/14 04:00】 | ギターの話
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。