茨城在住のギタリスト谷島崇徳です。くだらないローカルネタが中心かも。たまに音楽やギターについてマジメなことも書くかも。気が向いたらチラッとのぞいてね。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つづいてミドルいってみましょ~。


第1位  上原 淳  アリア(ロジー)、 舞踏礼賛(ブローウエル)

音量充分な綺麗な音で、テクニックもあり、音楽的にもしっかりした演奏をされます。
アリアを一曲目に入れたのが良かったですね。
とてもキレイに演奏されて、うまく乗れたところで舞踏礼賛に突入できたようです。
舞踏礼賛は去年も弾かれたそうで、同じ曲でチャレンジ(リベンジ?)されて今回は優勝!
おめでとうございます!!

舞踏礼賛はリズムを前面に押し出しつつも、断片的なモティーフを紡いでいく曲です。
所謂現代曲の中ではトップクラスの「わかりやすい」曲ですので、
「わかりやすく」演奏するのがコツかと思います。
ま、他の現代曲も同じですが。

そうそう、控え室はラスゲアード禁止で(笑)



第2位  坂本 亮  ソナタK208(スカルラッティ)、 グラナダの花(アンヘル・バリオス)

シニア部門に続き、こちらもかなりの僅差で2位になりました坂本さんですが、
演奏の方はとても良かったと思います。
かなりの接戦でしたが、グラナダの花後半でちょっと危うくなったのと、
音の線が少し細かったのが惜しかったところです。
単純に「音がでかい」というのはそれだけで武器だったりしますね。
「背が高い」みたいなものでしょうか?(違うか)



第3位  小西邦明  ワルツOp.32-2(ソル)、 アランブラの思い出(タレガ)

アランブラの途中から調子が出てきただけに、一曲目のソルが残念でした。
わずか1、2曲で実力を出し切るというのは難しいものです。
1曲目に得意な曲を持ってくるのも手かも。



第4位  中島 祝  アンダンティーノOp.31-5、 メヌエットOp.25(ソル)

非常に真面目な感じで、好感の持てる演奏でした。
クラシックに転向してからわずか3年でこの舞台というのがすごいですね。
今後が楽しみです。



第5位  守賀津雄  カンタータ第29番より第1曲シンフォニア、カンタータ第147番より第10曲コラール(バッハ)

1曲目はリュート組曲第4番のプレリュードでした。
かなりの難曲な上「止まりやすさ度」トップレベルのバッハ×2ということで、
かなりのチャレンジャーなのでしょう。
実際演奏の方も、けっこうなスピードでガンガン押しまくっていましたが、
弾き飛ばしまくったのと、しっかりと止まっていたのでこの順位になってしまいました。
もっと落ち着いたテンポで演奏するか、チャレンジャータイプ向きの曲を選ぶといいかもしれません。


最後の講評にもありましたが、
コンクールということで、「難しい曲弾かなきゃ」と思ってしまうのか、
難しい曲を選んでいる方が多かったですね。

同じく講評で言われていた調弦についても、
せめて曲の出だしでは合っていた方がいいですね。
最初の調弦は制限時間に入っていないので、念入りに合わせて欲しかったです。
(みんな知っていたのかな?)


そして、皆さん使っているギターがみんな高そうでビビリました。
また来年も楽しみにしてます!
腕に覚えのある方、度胸試ししたい方、そろそろいっちゃおうかな的な方、みなさん参加しましょう~!
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2011/05/06 19:27】 | ギターの話
トラックバック(0) |
3,4,5と三日間お手伝いに行ってましたシニアギターコンクール。
せっかくなので、勝手にレビューしようと思います。
一日たってちょっと記憶が薄れてきてますが(早!)その辺はご了承ください。

いや、けっしてシャルケがマンUに負けちゃったからその代わりに、
ってわけじゃないですよ~。
たまにはこういうのもいいよね!ってことで、


まずはシニア部門からいってみましょ。
終わったあと嫁と「これは・・どうなっちゃうのかな?」と心配していましたが、
案の定1位2位なしという話がでたそうです。
主催側の意向を汲んでの今回の順位ということでした。


第1位  種谷信一  モーツァルトの魔笛の主題による変奏曲(ソル)

制限時間が10分ということで、イントロありで、変奏のリピートなしの演奏でした。
古典物は粗も目立ちやすく難しいのですが、種谷さんは毎回この魔笛を弾かれているようで、
大変思い入れのある曲なのだと思います。
念願の優勝おめでとうございます!

ただ、曲の出来としては、「よく弾けている」とはちょっと言えない感じで、
とりあえず「止まらなかった」「弾きなおしがなかった」というところが評価された1位ということです。
やはり「止まらない」ということは音楽において重要ですので、この点は良かったと思います。

来年は優勝者記念演奏で30分ほど演奏されることになりますので、
長年弾かれている魔笛の思い入れをより前面に押し出した演奏、
「オレこの曲大好き!な!いいだろ?これ!いいよな?!!」ってな感じで。
またそれ以外の曲にも期待したいと思います。



第2位  鹿野誠一  ラルゴ(幻想曲第7番より)、タキラリ(南米組曲より~アジャーラ)

かなり僅差で2位になった鹿野さんは、実力的には種谷さんよりも上ですが、
講評でも指摘されていた「調弦」と、少し演奏が崩れたのが惜しかったです。
古典のソルを選ばずに、もう少し違う曲(南米組曲からあと2曲とかでも)選んでいれば優勝できたかも?
選曲も大事ですので、「コンクールだから古典弾かなきゃ!」とは思わず、
完全自由曲を生かして、自分のレベルと音楽性、性格に合った曲選んじゃいましょう。

予選では、ギリギリの到着で順番が1番目ということで焦ったかもしれませんが、
そのくじをひいたのは私です。
ごめんなさい!
でも、最後に残ったくじが1番だったわけで、けっして私のせいじゃありませんよ~。
と、この場で言い訳しておきます。


第3位  杉澤百樹  アストゥリアス(アルベニス)

とても安定して弾けていましたが、やはり音間違いがちょっと気になったのと、
ややこじんまりしちゃった感があります。
杉澤さんのアストゥリアスは何度か聴かせていただく機会がありましたので、
とても好きな曲なのだと思います。
また、聴くたびに良くなっていますので、次回がまた楽しみです。


第4位  見原邦子  ワルツ・ショーロ(ヴィラ・ロボス)

なかなか渋い選曲の見原さん。
各声部をうまく弾きわけないといけないこの曲ですが、
音楽的にもいい感じに練習されているのが伝わってきました。


第5位  田中英夫  大聖堂(アウグスティン・バリオス)

かなり緊張されたのでしょう。(わかるよ~)
練習では頑張って弾かれていましたが、
1,2楽章をなんとか乗り切ったものの、(心の中で必至に応援しましたが)3楽章は乗り切れなかった。
そもそも曲の難易度がかなり高いのですが、とくに速い曲は危険デス。


第6位  中島和志夫 モーツァルトの魔笛の主題による変奏曲(ソル)

中島さんはイントロなしバージョン。
出だしは大分固かったのですが、徐々に調子がでてきた感じ。
たまに巨匠のフレーズが飛び出して嫁が混乱してました。
ロマンチックソル系?の演奏家(セゴビアとか?)が好きでよく聴いているのか、
先生がそっち系の方でうるさく言われたのかは分かりませんが、
ともかく人の演奏を真似るということは大事です!
もっと意識的に真似しようとすると耳も鍛えられますし、より良くなるのではないでしょうか。



ミドル編に続く・・

FC2blog テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2011/05/06 18:10】 | ギターの話
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。