茨城在住のギタリスト谷島崇徳です。くだらないローカルネタが中心かも。たまに音楽やギターについてマジメなことも書くかも。気が向いたらチラッとのぞいてね。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近はYouTubeで色々聴ける便利な時代ですので、ロマン派の風を感じていただくため、比較的近い時代の作曲家自演を検索してみました。


まずはピアニストとしてもめっちやうまかったラフマ二ノフ。
なだけに自演音源もたくさんありました。
その中からバッハのヴァイオリンパルティータを編曲したもの。
ギターだとリュート組曲の四番ですね。



コテコテのロマン派演奏がちょっと抜けてきたころのバッハです。


お次はドビュッシーのケークウォーク。
ギターだとデュオアレンジなんかで弾かれますね。



まさかの演奏です。(゚ロ゚)
ピアノロールがどれだけの精度なのかはわかりませんが、かなりロマンチックな風を感じます。


もう一つ、ピアニストなら一度は弾いてみたい?ブゾーニ編シャコンヌ。
ご本人演奏ありました!



さすがです。
楽譜から受ける印象通り、やっぱり劇的な演奏でした。
よりバロックな感じで弾くなら編曲し直した方がいいかも?

他にもいろんな作曲家や古い演奏家の録音が聴けるので、検索してみてはいかがでしょうか?
一度見だすと寝不足必至です(+o+)
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【2012/04/11 02:57】 | ちょっとマジメな音楽の話
トラックバック(0) |
4月8日(日)水戸の中村ギター教室で、バリオスとリョベートの自演を交えたCDコンサートがありました。

内容は自演と現代のギタリストによる演奏を聴き比べて、作曲者本人のアプローチの違いや、当時との演奏スタイルの違いを見ていくというもので、とても興味深く勉強になりました。

バリオスは南米のギタリストで、その作曲スタイルはロマン派の和声を基本に、南米的な曲とクラシカルな曲を作りました。
作品の内容は、良くも悪くも南米のギタリストといった感じで、それはクラシカルな作品にも影響しています。

当時のロマン派後期や印象派寄りの作曲スタイルをとらなかったことから、あくまでもギタリストとして、タレガなどのスペインロマン派ギタリストからの流れでオリジナルを作ったものと思われます。

演奏スタイルも基本的にはロマン派の流れを汲んでいるものの、作品同様正統派というよりはかなりクセのある感じです。
が、おそらく本格的なクラシック曲を目指して作曲されていますので、自演は参考程度にして今のギタリストのように普通にロマン派物としてアプローチして良いと思います。

そんな中、バロック風に作曲した大聖堂あたりを、自演のようにロマン派的アプローチをするかバロック的なアプローチをするかは分かれるところでしょう。
演奏家の時代を考慮すると前者で、作品の様式を考慮すると後者ということになりますか。


一方、リョベートの方は、今の感覚からいくとやりすぎな感じですが、ロマン派後期のクラシック界の演奏スタイルを考えると正統派なクラシック奏者といっていいでしょう。
今回のCDコンサートでもバッハのサラバンドを聴きましたが、しっかりとその当時の流行りに乗ったやりすぎロマンチックバッハなのが印象的でした。
こういったロマン派後期の演奏スタイルはセゴヴィアへと受け継がれていくのですが、セゴヴィアの影響が強すぎたため他の楽器よりもこうしたスタイルが後々まで残ってしまったのかもしれません。

作品の方はバリオスに比べる少ないですが、やはりロマン派の和声を基本に、演奏効果の高いギター的な作品を残しました。(ギタリストだから当たり前か?)
作風はバリオスと比べるとよりエレガントな感じですが、それだけにオリジナル作品はバリオスよりも演奏される機会は少ないです。

こちらもソルの主題による変奏曲みたいな古典ベースのものをどうするかというところですが…(おそらく本人はバッハと同じく揺らしまくりでしょう)ま、お好きな方で(ノ^^)ノ

FC2blog テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【2012/04/10 18:56】 | ギターの話
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。