茨城在住のギタリスト谷島崇徳です。くだらないローカルネタが中心かも。たまに音楽やギターについてマジメなことも書くかも。気が向いたらチラッとのぞいてね。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よく「クラシックギターが弾ければエレキも弾けますか?」という質問を受けます。
私は、「そんなことはありません」と答えます。
もちろん役にたつことも沢山ありますが、基本的には別ものと考えていいでしょう。

楽器的にもテクニック的にも違いますが、大きな違いはやはり音楽です。
エレキで本格的なクラシックをやるなら別ですが、通常はロックとかポピュラー系の音楽をやりますよね。
これが実際は思っているよりクラシックとは違うのです。

ですので、クラシック音楽が上手なほど逆に矯正するのが大変になってしまうこともあります。
ポピュラーからクラシックも同じです。

クラシックの中でも特にギターの方はポピュラー系の音楽を演奏したり教えたりする機会が比較的多いと思いますので、この天と地ほども違う様式の違いを知っておいた方がいいと思います。

例えば、ロックギタリストがバッハやモーツァルトをよくロック弾きしていますよね。
本来の様式からはかけ離れていますが、
クラシックの音楽家がそのままポピュラー音楽を演奏しているのはそれと同じことなので、「クラシック風に」弾いているという感覚は持っていた方がいいかなと。

では、クラシックとポピュラーはどう違うのでしょうか?
細かく説明するのはブログでは難しいのでざっくりと見ていきましょう。

まず、そもそも音楽のルーツが違います。

クラシックが教会音楽からスタートし、ヨーロッパをベースに発展したのに対して、ポピュラー音楽は黒人系の音楽をベースにアメリカを中心に発展しました。
もちろんクラシックの影響も受けていますが、ベースとなるものが違うのでクラシックは基本になりません。
では、ポピュラー音楽の基本は何かというと、「ブルース」です。
基本的なフレージングやノリはブルースがベースになっていますので、ソルフェージユはブルースを基本にやった方がいいでしょう。

まあ、一口にポピュラー音楽と言っても、実際には無数のジャンルがあり、それぞれ特徴が違えば弾き方も違いますが。

では、音楽的にはどの辺が違うのかというと、

リズム的に、強拍の位置が違います。

強拍がクラシックと違い、ウラにくるウラノリというやつで、巷に流れている音楽の大半がこれになります。
じゃウラにアクセントをつければいいのかというと、そうではありません。
クラシックもひたすら強拍にアクセントつけたら変ですよね。
これはノリの部分であって、感じかたの違いです。
当然アゴーギグも変わってきます。

また、クラシックがリズムを大きくとるのに対して、細かくとる感じになるのですが、
だからと言って、リズムを揺らさずカチカチ弾けばいいわけではありません。
ジャンルによっても違うリズムの揺れは、グルーブと呼ばれており、かっこいい演奏の必須条件になっています。

もう一つ大きな違いは、フレージングです。
上でも書いたロック弾きクラシック、もちろんクラシック的にはナシのフレージングですが、
ロック的には正しいフレージングなのです。
どちらも歌が基本になっているのは変わらないので、
オペラ歌手がロックを(ナイトウィッシュとかは例外)、ロック歌手がオペラを歌っているのを想像してみましょう。

フレージング以前に発声も違うので、一音音を出しただけで違いがありますが、これは楽器でも言えることです。
楽器ですと、音やフレージングの違いはサックスなんかが分かりやすいですかね?
クラシックとジャズで同じ曲を聴き比べてみると面白いと思いますよ。

ま、色々書きましたが、何が正しいというわけではなく、そんな違いがあるのかと思って聴いたり弾いたりすると、また違った発見があって面白いと思いますので、色々聴いてみてくださ~い。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:Perfume - ジャンル:音楽

【2012/09/19 16:56】 | ちょっとマジメな音楽の話
トラックバック(0) |

演奏会広場
演奏会広場
音楽教室と演奏会を無料で宣伝・告知できる演奏会広場


コメントを閉じる▲
来月6日のコンサートの宣伝です。

演奏曲目は先日のアコラで演奏したものに加えて、
壺井さんの組曲を全曲フル演奏(全曲版初演)、
モシェレスを1,2,3楽章、
ディアベリの小品
アーノルドのセレナーデ
をやります。

10月6日(土)
会場 ギター文化館
チケット 前売り 3000円 当日 3500円
開場 14:30
開演 15:00


1部
・はかなき幻影 
・Dream child  (佐藤弘和)
・Fanatasia (Tedesco) 
・バラの組曲 ~全曲 (壷井一歩)
 1.粉鐘楼
 2.わかな
 3.レッドフラグメント
~Interlude~
 4.New Dawn

2部
・未定(Diabelli)
・Serenade(Arnold)
・Grand duo concertant ~1,2,3楽章 (Moscheles) 
I. Allegro maestoso
II. Scherzo: Vivace
III. Largo espressivo

今回はそれぞれのソロはなしで、全編ギターとピアノのデュオ曲ですが、案外こういう形は珍しいかもしれませんね。
さらに、全部ギターとピアノのオリジナル曲(協奏曲のピアノ版とかはナシ)!
のつもりだったのですが、アーノルドだけは違いました。(オシイ!)
本来協奏曲というのはソリストメインなので、
常設アンサンブルとしてはオリジナル曲優先というコンセプトでやっております。

マニアックなアンサンブルであるギターとピアノの曲をこのボリュームで聴く機会はほぼないと思いますので、
是非いらしてください!

FC2blog テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【2012/09/18 00:40】 | 宣伝させて下さい
トラックバック(0) |
先日、アコラでの演奏会で19世紀ギターを弾かれた方がいました。
最近購入されたそうで、いい音だしてました。
19世紀ギターもモダンギターと違った音がしていいですよね。

しかし、そんなHさんは調弦でちょっと迷っているようでした。
以前A=415Hz(バロックピッチ)で演奏したところ「ちょっと暗くね?」と言われたそうで、
今回は430Hz(古典ピッチ)で演奏しました。
ところが、今度はうちのヨメが「なんか違和感ある」と言い出しました。
415Hzともなるとほぼ半音なので、移調したようなものですからね。
また微妙に低いというのも、人によっては(特にクラシック人は高め癖がありますので)耐えられないものです。

Hさんが演奏したのはパガニーニだったので、430で良いような気がしますが、
この古楽器と古典調律ってのはなかなか難しいというか何と言うか・・
色々と分かれるところなのです。

例えば、

・楽器を、当時の物を使うか今のものを使うか
・調律を、当時の物を使うか今のものを使うか
・演奏を、当時の様式を忠実に再現するかしないか
・衣服を、当時のコスプレをするかしないか・・・

・・などなど
さらに、それぞれ

・忠実に再現する
・そこそこ忠実に
・まあ雰囲気だけ
・別にいいんじゃね?

と度合いもありますし、
当時の楽器は使うけど演奏はそこまでマニアックに再現しないとか。

もっとも当時の運指とかも楽器の都合がありますので、
今の楽器で弾いたらこっちの運指で弾いた方が同じ感じになる、なんてこともありますね。

これらはギターに限らず、ピアノやフルートなど、どの楽器でもある問題です。

さて、ピッチについてですが、
そもそも、どうやって当時のピッチが分かるのかといいますと、
代表的な調べ方はパイプオルガンでしょうか。
ま、残っているパイプオルガンを調べるわけですね。

そこいくと、実際にはかなりのばらつきがあるのがわかります。
もちろん昔は世界基準ピッチみたいなのはありませんから当然ですね。
ですので、地域によっては今よりも高いこともあるわけです。

つまり、バロックピッチとかも、
まあだいたいそんぐらいが主流だったと思うから、それで弾くとバロックっぽいかもよ?
くらいのものと考えたほうがいいでしょう。

結局のところ、バロック時代の方々は自分達を最先端だと思っていて、バロック時代だとは思っていないわけですから、
今の我々の感性的にバロック風に感じるかどうかが重要だと思います。

ですので、古典調律を採用される場合は、その曲に合っているかどうか、
古典だったらちゃんと古典風に聴こえるかどうか、聴いて感性で判断すればいいのではないでしょうか。
ようは好みの問題だということです。

作曲家に失礼だ!などとは思わなくて大丈夫です。
そんなバラバラピッチ時代にちゃんと合わせて合奏をし、
楽譜の書き込みも少なく、
細かいところは演奏家にまかせ、
自分もアドリブで曲を変えちゃったりしていたような方々が、
それくらいでわざわざ化けて出るとは思えません。

で、私的にはどうかといいますと、
バロックは415くらいまで下げちゃって問題なし、むしろそれくらいの方が好きかも。
逆に古典はあまり下げないほうが好みです。
演奏する時はどちらも標準ピッチで弾いていますが、バロック系は442ではあまり弾きたくないところです。
今後下げて弾くこともあるかも?


FC2blog テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【2012/09/03 11:58】 | ちょっとマジメな音楽の話
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。