茨城在住のギタリスト谷島崇徳です。くだらないローカルネタが中心かも。たまに音楽やギターについてマジメなことも書くかも。気が向いたらチラッとのぞいてね。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日テレビで武術太極拳の槍術の演武をやっているのを見ました。

実は私、香港アクションとかが大好きでして、特にジェット・リーのファンで出演映画はチェックしているのですが、
いつも疑問というか、なんとなく不思議に思っていることがあります。

それは、中国映画にでてくる棒とか槍とかがぐにゃぐにゃ曲がったり、剣がペラペラ曲がったりすることです。
折れず曲がらずな日本刀を見慣れている者には、あのペラペラ剣による攻防はとっても不思議で神秘的に映ります。

あれで戦いにくくないのかなぁ、あんなペラペラで折れないのかなぁ、てか本当にあれで戦っていたのか?
と長年疑問に思っていたのですが、
ちょっと気になって検索してみたところ、
どうやら疑問に思っていたのは私だけではなかったようで、知恵袋で質問している方がいました。


中国映画に出てくる 剣・刀 なんですが、特徴としてしなってると思って... - Yahoo!知恵袋

確かにしなる剣はあるけど、あそこまで安っぽいペラっペラ感なわけではないかもなんですね。
なるほど~勉強になります。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:香港映画 - ジャンル:映画

【2014/12/30 13:58】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。