茨城在住のギタリスト谷島崇徳です。くだらないローカルネタが中心かも。たまに音楽やギターについてマジメなことも書くかも。気が向いたらチラッとのぞいてね。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューエイジを代表するピアニストの一人、ジョージ・ウィンストン。
繊細な音色によって紡がれる情熱は、聴くものの心に何らかの風景を見せてくれる・・・

たとえば、これ・・・



930x0_pagecollection_12_1.jpg


そう、「箱根彫刻の森美術館」です。

「箱根彫刻の森美術館」といったら、ジョージ・ウィンストン

ジョージ・ウィンストンといったら、「箱根彫刻の森美術館」

??

というわけではありませんが、
「箱根彫刻の森美術館」のCMのイメージが強いですよね。

例の曲は、「ロンギング(邦題:あこがれ)」という曲名です

こちらがご本人演奏です。



震災の時の演奏ですね。
CMの時とは感じがだいぶ違いますが、歳をとってより深みがでた感じがあります。

後ろに座っている犬が終始おとなしく聴きいっている、
どころか大きな欠伸までして、すっかり癒されちゃってます。

そんなジョージ・ウィンストンのライブ映像を見てみたら、
ピアノの横になぜかギターケースが置かれているのが見えました。

もしかしてギターも弾くの?

と思い検索してみたら。

ありました!



なんでそんなに弾けるの!?

びっくりしていたら、
こんなものまで



ハーモニカ!?
え、ピアノの人だよね?
てか、なんでそんなに吹けるの?

ピアノも独学だって話を聞いたことありますけど、
いや~多才なお方なんですね。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2015/03/11 23:26】 | youtube
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。