茨城在住のギタリスト谷島崇徳です。くだらないローカルネタが中心かも。たまに音楽やギターについてマジメなことも書くかも。気が向いたらチラッとのぞいてね。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて、今回は「ミュート」。
ミュートというのは消音、音を消すテクニックですね。
以前共鳴弦のミュートについて書きましたが、今回はミュートの方法を色々紹介したいと思います。

左手、右手、どちらも使えます。
クラシックギターでも今時のテクニックでは左手ミュートもかなり活躍しますよね。

さて、ではそんな左手から~


押さえている指の腹

押さえた瞬間に1本下、もしくはさらに下の弦を触ってミュート。
押さえる前にミュートしたり、または押さえた後からミュートしたりもできますね。

使っていない指

こちらも使用頻度は高いでしょう。
主に鳴らしている弦よりも上の弦のミュートに使います。
また右手だけではバシっと消せない時なんかに使ってもいいでしょう。
クラシックギターですと、左手ミュートを使えると右手が結構楽になりますよ。

親指

こちらも上の方の弦に使います。
コードでジャカジャカする時に使うことが多いですが、他にも色々使えます。

手のひら

これはあまり使いませんが、下の方の弦にたまに触ってしまって音がでないなんてことありません?
あれを使ってミュートすることもできます。
6弦押さえて、5、4弦あたりは開放弦とかで、1弦をミュートしたいなんて時に使えます。


続きまして、右手~


レストストローク

隣の弦に当てるように弾く、アポヤンドっていうやつですね。
そのまんま、弾いた後隣の弦をミュートできます。

親指の側面

弾く瞬間や弾いた後なんかに親指で上の弦に触ってミュート。
これもかなり使うテクニックです。
複数弦止めることもありますね。

使っていない指

意外と使えるのがこれ。
フォームを崩さずにミュートできるのと、ピンポイントで消せるのが利点です。
プランティングと合わせて使うといいでしょう。

手のひら

エレキなんかですと小指側でミュートが基本ですが、他の箇所を使うのもありかもです。
クラシックで使うとフォームが変わってしまうので慣れが必要でしょう。


おまけ~


フォース

フォースの力で弦の振動を止める。
ギターを極めた者のみが使える最終奥義。
長く厳しい修行の末に会得することが可能。

もちろん私はまだまだ修行中、
ライトセーバーでレーザーをよけるくらいでしょうか。
マスターへの道のりは長いです。


さて、いかがでしたでしょうか?

色々紹介しましたが、使えるからといって何でもかんでも消せばいいというものではありませんよ。
断捨離もいいですが、いちおう使う物と使わないものはきちんと選別してくださいね。

もちろん耳で。

ミュートというのは鳴らす音以外を消すのではなく、
余計な響きを消すテクニックですので、よく聴いて判断しましょう。

また、聴いた感じが良ければ基本OKですので、どこでミュートしてもかまいません。

プロのギタリストなんかはけっこう自分がその瞬間どこでミュートしているか意識してなかったりするものです。

是非マスターへの道を一緒に極めましょう!
スポンサーサイト

【2015/06/26 12:28】 | ちょっとマジメな音楽の話
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。