茨城在住のギタリスト谷島崇徳です。くだらないローカルネタが中心かも。たまに音楽やギターについてマジメなことも書くかも。気が向いたらチラッとのぞいてね。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



いやー、ついに付けちゃいましたね、iPhone。

これまでも、iPhoneやiPadでアンプシミュレータやエフェクトをかけながらバッキングトラックに合わせて練習したり、楽譜を表示させたり、さらにはレコーディングまでできちゃったり、と便利になったな~と思っていましたが、

さらに便利になりました!


エレキギターで一番めんどくさいことといえば?

そう、ケーブルで機材をつなぐことだよね。

ギターをアンプにつなぐだけでもちょっとメンドクサイのに(どれだけだよ)、
さらにエフェクターなんかも入れたらもう・・・
かといって出しっぱなしにするとどんどんホコリが積もっていくし、
掃除しようにもエフェクターのつまみ付近がめちゃくちゃ掃除しにくいし、
ケーブルは絡まるし、謎の断線の箇所が分からなくて音でなかったり、

とにかくメンドクサイんです。

という声に答えたのかはわかりませんが、ギターからiPhoneへのケーブルもついになくしちゃいました。

見た目はスタインバーガーっぽい感じですね。
好みは分かれそうですが、人気が出れば他のモデルがでたりするかも?



このギター、ただ全部くっつけただけじゃありませんよ。
上の動画を見て頂ければ分かるかと思いますが、これ系のセット商品にありがちなショボさがないところがすごいです。

信号はギターのピックアップからiPhoneを経由して内蔵アンプに送られるわけですが、

まず肝心のスピーカー、前面には2発入って30W!
しかもアンプも20Wと、十分パワフルです。

ギターとしてもけっこうこだわってまして、

メイプルネック、ローズウッド指板、ミディアムジャンボフレット、
ネックはピックアップまでの変則スルーネック、
そしてハムバッカ―のピックアップはさりげなく両方ともシングルコイルタップ付き、

というなかなかの仕様。

ギターのジャックもちゃんとついているので、外部のアンプにつなげたり、そのままラインでレコーディングとかもできます。
さらにステレオラインイン、アウトも装備されているので、PA直もありですね。

ストリートミュージシャンにも良さそうです。
大量の電池を消費するわりにイマイチな持ち運びアンプはもういらないかも。

基本ワイヤレスなのでギター回しなどの激しいアクションもOK!・・かな?
ジャックが抜ける心配はないけど、iPhoneが飛んでいかないようにだけ注意してください。

内蔵のリチウムイオン電池も12時間もつみたいなので十分ですね。

現在クラウドファンディングで資金調達中らしく、779ドル出資すればゲットできるみたいですよ。

私はandroidなので残念ながら縁がなさそうですが。

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ギター - ジャンル:音楽

【2015/09/18 11:00】 | ギターの話
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。